金澤志奈は“踏ん張って”1打差3位で最終日へ 心強い相棒は美人ハウスキャディ 

金澤志奈は“踏ん張って”1打差3位で最終日へ 心強い相棒は美人ハウスキャディ 
<ほけんの窓口レディース 2日目◇18日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6292ヤード・パー72)>
前日、プロ入り後初となる首位発進を決めた金澤志奈。2日目は中盤崩れるピンチがあったもののパープレーと踏ん張り、首位と1打差のトータル6アンダー・3位タイで最終日に向かう。
土屋太鳳似! 美人ハウスキャディとカップを掲げる池田勇太【写真】
前半の2番、4番でバーディを奪う快調な滑り出しを見せたが、ここから苦しい展開が待っていた。6番、12番でボギーを喫した後の13番パー4。ピン10mからのファーストパットが2mオーバーすると、返しのパーパットも再びカップを越えた。さらに1mほどのボギーパットも外すと、ここで痛すぎるダブルボギー。「ツアーでは初めてかもしれない」という4パットの影響で、順位を落とした。しかし、ここから切り替えて14、17番で2つのバーディ。「まだまだ狙える位置」と初優勝はまだはっきりと見えている。
和白をよく知る人物も、隣で優勝を後押しする。それが今回金澤のバッグを担ぐハウスキャディの今橋璃香(りか)さんだ。7年間勤務し、金澤も「かわいいですよね~」と“絶賛”する美人キャディは、ラウンド中の大きな支えになっている。例えば「昨日はポンポン入った」というパットだったが、この日はなかなかタッチが合わず苦しんだ。いつもより強めに打ってみたり、逆に弱めたり。そんな金澤の姿を見た今橋さんは、前日との違いを感じ「普通にいこう! 明日もあるんだから」など励ましの言葉で金澤を支えた。
さらに「マウンドも多いグリーンで、今日は迷いが多かった」(金澤)というラインの読みも、話し合いながら決めてスコアキープに貢献した。心強い相棒とともに歩むラスト18ホール。「最後まであきらめない」という気持ちで、一緒にカップを掲げる。(文・間宮輝憲)

■ほけんの窓口レディース 2日目の結果
■金澤志奈 成績&プロフィール
■愛くるしい! おっとり系女子・金澤志奈の特選フォト
■今平周吾の美人キャディ・若松さんの笑顔がまぶしい
■松山英樹の順位は? 全米プロのリーダーボード

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年5月19日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュース

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。