持ち味と経験が合致 渋野日向子は“集大成”での順調な滑り出しに「風とお友達になれた(笑)」

持ち味と経験が合致 渋野日向子は“集大成”での順調な滑り出しに「風とお友達になれた(笑)」
拡大する(全1枚)
<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日◇8日◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577ヤード・パー70>
今年の海外女子メジャー第3戦「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」。渋野日向子は4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「70」。イーブンパーと上位が見える位置で初日を終えた。
「周りの人が見てもいいと分かる」渋野日向子の好調ドライバースイングを米国で撮影【連続写真】
2番で約12メートルを沈めてバーディが先行したが、その後は出入りの激しいゴルフ。前半は持ち前のガッツで2度のバウンスバックを見せたが、12番で4パットのダブルボギーを叩くと13番もボギー。それでも15番で1つ取り戻すと、18番でも2打目をピンに絡めてバーディ締め。粘りを見せて上位争いに加わり、最初の18ホールを終えた。
ホールアウト後のインタビューでは「出だしからいいチャンスにつけることができましたし、その後長いパットも決まってくれた。4パットやったときは泣きそうだったが、懐かしいなって(笑)イーブンまで戻せてよかった」と笑顔を見せた渋野。「この試合が集大成と思っていたので、(自分らしい)バウンスバックが2個きたので嬉しかった」。昨年スタッツ1位(バウンスバック率26.0684%)となった“なにくそ”バーディが戻ってきたのも状態が上がっている証拠だ。
風への対応も身についてきた。「アメリカツアーに来てから強い風の試合を何試合もやりましたが、今日はいい感じにできていました。ショットも良かったですし、いい感じに風に乗ってくれている(笑)。今日は風とお友達になれた(笑)」。これまでの経験を活かして、徐々に強くなる難しい午後のコンディションでもパープレーでまとめられた。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「全米プロゴルフ選手権」に関する記事

「全米プロゴルフ選手権」に関する記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月9日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。