ワクチン接種で経済はどこまで回復するか~ネガティブ消費思考が根付いている日本

ワクチン接種で経済はどこまで回復するか~ネガティブ消費思考が根付いている日本
拡大する(全2枚)

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月7日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。海外のポストコロナ事情と日本の冷え込んだ消費マインドについて解説した。

ワクチン接種で経済はどこまで回復するか~ネガティブ消費思考が...の画像はこちら >>

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

5月の消費支出、前年比11.6%増

2021年5月に2人以上の世帯が消費に使った金額は、初めての緊急事態宣言が出されていた2020年の同じ月を11.6%上回り、3ヵ月連続で増加した。ただ、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年の同じ月と比べると、旅行費や食事代は大きく落ち込んでいる。

飯田)前年同月と比較すると、こうなる。

佐々木)去年(2020年)の5月は緊急事態宣言が出ていて、街に出るのも憚られるぐらいでしたので、今年の5月に消費が増えるのも当然です。しかし一昨年の5月と比べると6.5%減だから、まだ復活はしていないわけですよね。

英米に比べて、ネガティブ消費思考が根付いている日本~ワクチン接種で消費が増えるかどうか

佐々木)イギリスでは、ジョンソン首相が「元に戻します」と会見しました。ワクチン接種者が増えて、ワクチンの壁で守られている人がたくさんいるから、「その人たちだけで経済を回して行けるだろう」という判断です。アメリカでも、「収束したときの消費の伸びはすごいだろう」という期待値が上がっています。

飯田)期待は上がっていますね。

佐々木)では、日本の場合はどうなるか。アメリカ人は全般的に消費が好きな国民性なので、消費が増えるだろうという予測は間違いないのでしょう。しかし、日本の場合、この1年半消費を抑えて来ました。みんな出かけない、旅行にも行かない。金は使わないし、将来が心配だという感じでした。それがワクチンで感染が収束したからといって、「ドカン」とみんなが消費に走るでしょうか。この国は30年間デフレ不況が続いていたので、ネガティブ消費思考が根付いてしまっています。そんな状態で、ワクチンが終わったから「金を使うぞ」となるだろうか。そこの消費マインドの行く先が怪しいと感じています。


この記事の画像

「ワクチン接種で経済はどこまで回復するか~ネガティブ消費思考が根付いている日本」の画像1 「ワクチン接種で経済はどこまで回復するか~ネガティブ消費思考が根付いている日本」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク