「ジョジョ展」杜王町のモデル・仙台で開催 キャストイベントやコラボ事業も明かされた制作発表会レポート

「ジョジョ展」杜王町のモデル・仙台で開催 キャストイベントやコラボ事業も明かされた制作発表会レポート
「ジョジョ展」杜王町のモデル・仙台で開催 キャストイベントやコラボ事業も明かされた制作発表会レポート
今年で生誕30周年を迎える『ジョジョの奇妙な冒険』を記念して開催される「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」。4月24日、本イベントの制作発表会が東京ミッドタウンカンファレンスで行われた。

8月12日(土)~9月10日(日)、宮城県仙台市で「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」(以下ジョジョ展)が開催される。展示内容は1部から連載中の8部までのカラー・モノクロを含めた、漫画本編の名シーン・名セリフの原画等が展示される予定。特に今回は仙台市がモデルとなっている“杜王町”が舞台の4部「ダイヤモンドは砕けない」と8部「ジョジョリオン」がメインだ。

発表会が始まると、ジョジョ展 in S市杜王町2017実行委員3名と協力企業である集英社から2名が登場。その後、間もなくジョジョ展の開催日時・会場・チケット販売・物販についての説明があり、その後実行委員会会長であり仙台市副市長の伊藤敬幹氏が挨拶を行った。「前回、荒木先生初となる原画展を震災直後の2012年に開催し、全国各地から3万2000人の方々にお越しいただいた。今回の展覧会は前回のものを一新し、第4部と第8部の二つの“杜王町”が楽しめるようになっております。作中に登場する地名もあるので、原画展をきっかけに復興した仙台の街歩きも楽しんでいただきたい」と語った。

続いて集英社役員待遇兼第四編集部長・田中純氏が「仙台は特別な場所。東日本震災翌年に原画展を開催したこともあり、(震災からの)復興を自ずと背負った展覧会だと思っている。だからこそ、前回来ていただいた方には、今回も来ていただいて、5年の間にどこが変わったのか、変わっていないのか、それを肌で感じて考える機会になってほしい」と本イベントへの想いを述べた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2017年4月25日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ONE PIECE」のニュース

次に読みたい関連記事「ONE PIECE」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「進撃の巨人」のニュース

次に読みたい関連記事「進撃の巨人」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「文豪ストレイドッグス」のニュース

次に読みたい関連記事「文豪ストレイドッグス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。