5月25日はターミネーターの日。

1985年の同日、映画『ターミネーター』が公開されたことが由来の記念日です。アーノルド・シュワルツェネッガーが人造人間・T-800を演じ、多くのシリーズが制作される大ヒット作となりました。

人型と同じような外見と知性を持つアンドロイドのキャラクターはアニメにも数多く存在します。多くの人々を感動させる歌声を持っていたり、強敵を倒すための武器を備えていたり、自分のことを機械だと思っている普通の人間だったりと、描かれ方もさまざまです。

そこでアニメ!アニメ!では「“アンドロイド”キャラといえば?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。5月12日から5月19日までのアンケート期間中に466人から回答を得ました。
男女比は男性約40パーセント、女性約60パーセントと女性が少し多め。年齢層は19歳以下が約65パーセント、20代が約20パーセントと若年層が中心でした。

■ときおり人間らしさを見せるアンドロイドも……

第1位

1位は『銀魂』のたま。支持率は約11パーセントで、2年連続トップとなりました。

スナックお登勢で働くからくり家政婦・たまには「人のように泣いたり、ちょっとボケたりと、ロボットなのに人間のようなたまさんが大好き」や「だんだんと人間らしくなり、銀さんたちのかけがえのない仲間になったから」とアンドロイドらしからぬ性格が人気。

「物語のフィナーレではキャラクターと観客を繋ぐ重要な役割を果たしたところが印象に残っているから」と『銀魂 THE FINAL』での活躍も票を集めた理由となっています。

この記事の画像

「“アンドロイド”キャラといえば? 3位「Vivy」ヴィヴィ、2位「ツイステ」オルト、1位「銀魂」たま<22年版>」の画像1 「“アンドロイド”キャラといえば? 3位「Vivy」ヴィヴィ、2位「ツイステ」オルト、1位「銀魂」たま<22年版>」の画像2 「“アンドロイド”キャラといえば? 3位「Vivy」ヴィヴィ、2位「ツイステ」オルト、1位「銀魂」たま<22年版>」の画像3 「“アンドロイド”キャラといえば? 3位「Vivy」ヴィヴィ、2位「ツイステ」オルト、1位「銀魂」たま<22年版>」の画像4
「“アンドロイド”キャラといえば? 3位「Vivy」ヴィヴィ、2位「ツイステ」オルト、1位「銀魂」たま<22年版>」の画像5