カムカムに時代考証ミス、有働由美子アナが顔面殴打、意外なCM女王【人気記事レビュー12月編】

カムカムに時代考証ミス、有働由美子アナが顔面殴打、意外なCM...の画像はこちら >>


 2021年にスタートした芸能情報サイトの「asageiMUSE」にて、各月に人気を博した記事を紹介するレビュー企画。12月には女優の上白石萌音、フリーの有働由美子アナ、そしてAKB48がベスト3に名を連ねた。



【第3位】上戸彩や飯島直子よりも上位に!CM起用社数の史上最多女王は誰だ?(12月23日)


 女性タレントにとって人気のバロメーターとも言える「CM起用社数ランキング」で意外な結果が示されたという。


 CM女王で気になるのは、最も多くの企業に起用されたタレントは誰かということ。21年間の歴代ランキングでは、15社以上に出演したタレントが17人もいたという。


「なかでも17社以上で女優は武井咲のただ一人だけ。そしてキャスター枠で菊川怜も名を連ねましたが、その他の顔ぶれはなんと全員がアイドルで、歴代トップの20社起用に君臨したのは篠田麻里子板野友美の二人でした」(前出・テレビ誌ライター)


 3位は19社の大島優子で、小嶋陽菜高橋みなみが18社で続いていた。2012年にはAKB48がCM業界を席巻していたようだ。



【第2位】有働由美子アナ、ロケ中に顔面を殴られる放送事故が発生!?(12月21日)


 12月20日放送の「今だから話します キャスター大集合SP」(日本テレビ系)では有働由美子アナが日本体育大学を訪問。東京五輪の女子ボクシングで金メダルに輝いた入江聖奈選手を取材した。


 リング上では入江選手がノーモーションで繰り出すパンチに有働アナもビックリ。すると監督の計らいで有働アナもリングに上がることになり、何を思ったのか有働アナは「よけてみますね」と宣言したのだった。