PayPayは、スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」の「オフライン支払いモード」について、12月18日から1回あたりの決済上限を5万円に拡大した。

●決済金額・決済回数の上限拡大でより実用的に
 7月20日から提供開始した「オフライン支払いモード」は、インターネットに接続していない状況でもストアスキャン方式(決済画面を加盟店が読み取る方式)で決済ができる機能。
この機能の提供により、通信障害時はもちろん、地下や多くの人が集まるイベント会場などの通信が不安定な状況でも、「PayPay残高」または「PayPayあと払い」で決済できるようになった。
 サービス開始時点の上限は、決済1回につき5000円・過去24時間に1万円・過去30日間に5万円、決済回数は過去24時間に2回・過去30日間に10回だったが、今回、決済1回につき5万円、決済回数は過去24時間5回・過去30日間10回に拡大した(過去30日間の決済回数は従来と同じ)。ただし、保有しているPayPay残高/あと払い(クレジット)の利用上限を超えての決済はできない。
 注意点として、同機能を利用して決済した場合は、決済完了画面に切り替わらず、決済音も鳴らない。通信環境が安定した際には、プッシュ通知や決済履歴などで決済情報を確認できる。

【関連記事】
PayPay、「オフライン支払いモード」を搭載 つながらない場合に自動適用
au PAY・d払い・PayPay・楽天ペイ 2023年12月のお得なキャンペーンまとめ
PayPayをメインで使うなら「本人確認」を! 確認済みユーザーの決済回数は全体の71%を占める
「PayPayあと払い」を「クレジット」に表記変更、8月1日から
お得な「LYPマイレージ」、対象店舗・対象商品限定で3月から展開中