大河ドラマ存続の危機?「いだてん」が数字をとれない、不毛にして当然な理由

大河ドラマ存続の危機?「いだてん」が数字をとれない、不毛にして当然な理由
拡大する(全3枚)
写真・図表:BEST T!MES
大河ドラマ史上ダントツの低さ
大河ドラマ存続の危機?「いだてん」が数字をとれない、不毛にし...の画像はこちら >>
 

 再来年(2021)年のNHK大河ドラマが「青天を衝け」に決まった。主演は吉沢亮、描かれるのは渋沢栄一である。

 このニュースに、ホッとした人もいるのではないか。大河ドラマはまだ続くのだな、と。筆者などは正直、来年の「麒麟がくる」が最終作になってしまうのではという危惧を抱いていた。それもこれも、現在放送中の「いだてん~東京オリムピック噺~」の視聴率が大河史上ダントツの低さで推移しているからだ。

 ではなぜ「いだてん」は数字をとれないのか。早い話、それは面白いと感じる人が少ないからだ。そして、面白いと感じない人はどんどん離れていくから、面白くない理由をだんだん語れなくなる。それゆえ、面白くない理由は熱心に見ている人の感想から探すしかない。たとえば、こういうものだ。

「低視聴率の原因を勝手に分析するなら『マッチョなおっさん』に嫌われているのだと思う。マッチョ心、ときめかないだろうなあ、と思う。『権力争い』とかが好きで、『御意』とかが好きで、それで大河ドラマを見ているおっさんには無理だろうなあ、と」(矢部万紀子)

 この人は朝日新聞記者や「AERA」などの編集者を経て、フリーになり「朝ドラには働く女子の本音が詰まってる」という本を書いた、いわゆるフェミニスト系の女性だ。「いだてん」が人見絹枝を描いた部分には特に感動したようで「毎回泣けた。これを見ない人の気が知れない、とさえ思った」と激賞している。人見は女子スポーツへの差別や偏見と闘いながら日本女性初の五輪メダリストとなったアスリート。絶世の美女というわけでもないし、これまでの大河を支えてきた「マッチョなおっさん」たちにはさして興味の沸かないテーマだろう。


この記事の画像

「大河ドラマ存続の危機?「いだてん」が数字をとれない、不毛にして当然な理由」の画像1 「大河ドラマ存続の危機?「いだてん」が数字をとれない、不毛にして当然な理由」の画像2 「大河ドラマ存続の危機?「いだてん」が数字をとれない、不毛にして当然な理由」の画像3

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大河ドラマ」に関する記事

「大河ドラマ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大河ドラマ」の記事

次に読みたい「大河ドラマ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク