マニアックなガチャガチャ、なぜ大ヒット続出?SNSにマッチ、みんなで楽しむアイテムに

マニアックなガチャガチャ、なぜ大ヒット続出?SNSにマッチ、みんなで楽しむアイテムに
 ガチャガチャ(カプセルトイ/カプセル入り玩具)といえば“子供のためのオモチャ”というイメージが強いが、最近大人たちの間で、とある種類のガチャガチャが人気を集めている。

 玩具メーカー・奇譚クラブは、対象年齢を15歳以上に設定したユニークなガチャガチャを次々と発表。その中でも、少女をコップの縁にぶら下げて楽しむ「コップのフチ子」シリーズや、猫がスマートフォンやタブレットなどを支えてくれるという変わったスタンド「ここは俺がくいとめる!お前は先に行くニャー!」シリーズは、空前の大ヒットとなっている。

 また、大手玩具メーカー・タカラトミーアーツのガチャ製作ブランド「パンダの穴」は、「チラリーダー!」や「メイドM」といった、ちょっとエッチな小物活用品型フィギュアを販売。また、大手玩具メーカー・バンダイの「逃げたて大根スイング」など、そのほかのメーカーも個性豊かなストラップやフィギュアのガチャガチャを次々と世に送り出している。

 このようなシリーズは、マニアックガチャとしてネットを中心に話題沸騰中。しかし、対象年齢6歳が基本のガチャガチャ業界で、なぜこのような大人向けのガチャガチャが続々と発売されているのだろうか?

●10万個でヒットといわれる業界で、約500万個売り上げる

 その背景ついて、奇譚クラブの広報担当・しき氏は次のように話す。

「子供が好きなキャラクターもののガチャガチャは、大手のメーカーと契約が交わされていて、弊社が入り込む余地はありませんでした。ですから私たちは、大人を対象としたガチャガチャ発のキャラクターの商品をつくることにしたんです」


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。