『セミオトコ』に批判と称賛が混在の理由…人間心理を突く“傑作ラブストーリー”

 Hey!Say!JUMP!の山田涼介主演で、「ファン向けのアイドルドラマか」と侮った人もいるだろう。あるいは、『セミオトコ』というタイトルを聞いて「奇をてらったイロモノドラマか」と見切りをつけた人もいるだろう。

 そのせいか、ここまで3話が放送されながら、いまいち盛り上がっていない印象のある『セミオトコ』(テレビ朝日系)。ネット上のコメントも山田がらみのものが圧倒的に多いのだが、なかには山田ファン以外からの「久々に深いドラマ」「この夏一番の傑作!」という称賛も見られる。

 実際、当作には批判と称賛を集める、それぞれの理由があった。

山田ファンの願望を叶えるセミオ

 まずは批判の理由を挙げていこう。冒頭に書いた通り、「ファン向けのアイドルドラマ」とバッサリ斬り捨てられる要素は、残念ながらかなり色濃いものがある。

 山田演じるセミオのキャラクターは、どこまでも純粋無垢で、明るく前向き。どんな些細なことにも「なんて素晴らしい!」と感動し、地味なアラサーの大川由香(木南晴夏)に「おはよう」「いってらっしゃい」「おやすみ」と笑顔であいさつ。仕事から帰ってくると、「おかえりなさい。お仕事お疲れさまでした。よくがんばったね。偉い」と頭をなでて抱きしめる。由香の帰宅に備えて夕食とビールを準備しておき、手をつなぎながら就寝。

 さらに、由香の住むアパートの大家姉妹がセミオを見て「天からの贈り物?」「2人で育てましょうよ」と囲い込もうとし、由香が「彼は私の王子様ですから(ダメです)」と奪い返すシーンもあった。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年8月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら