親が認知症になる前に絶対にこれをやりなさい!親のお金を使えなくなる!

 前回記事『親が認知症になった途端に銀行口座が凍結!親が元気なうちに絶対にしておくべき行動リスト』では、親が認知症になると銀行からお金を下ろせなくなるといった注意点を紹介しました。

 介護だけでも大変なのに、その費用も介護する人が負担するとなると、非常に大変です。そして、成年後見人をつけると、さらに大変なことが起きることもあります。成年後見人は、専門家である私でさえ、絶対に避けたい制度です。

 成年後見は認知症などで判断力がなくなった人のために、代わりに事務手続きをする人をつける制度です。いわば「代わりにハンコを押す人」をつける制度です。

 多くの場合は、第三者が選任され、その人への報酬が年間20~60万円、被成年後見人(認知症などになった方)が生きている限り発生します。いったん成年後見人がつけられると、歯ブラシ1本買うのも成年後見人の許可が必要だったりと、何かと不自由です。

 これを避けるためには、判断力がなくなる前の“事前対策”が必要です。認知症になってからでは遅いのです。あくまでも、認知症になる前に対策をとらなければなりません。自動車保険や医療保険と同じで、事故や病気になってしまったときに慌てないようにするための備えです。

 では、具体的にはどうしたらいいのでしょうか。それは2つあります。ひとつは「任意後見」、もうひとつは「家族信託」です。

「任意後見」とは、自分で決める後見人

 もし、なんの備えもなくあなたのお母さんが認知症になってしまった場合、銀行でお母さんの口座からお金が下ろせなくなり、窓口で「成年後見人をつけてください」と言われます。成年後見人は、10人中7人くらいの割合で第三者が選ばれます。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「介護」に関する記事

「介護」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「介護」の記事

次に読みたい「介護」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク