解約すると“もったいない”生命保険とは?返戻金を担保にする「契約者貸付」が実質無利息に

       

 新型コロナウイルスに感染しても、すべての人が入院して治療を受けるわけではありません。医療崩壊を防ぐために、症状が軽度な人は自宅や自治体が用意したホテルなどで暮らして様子を見るということになります。ただ、こうした場合に、生命保険の「入院(通院)給付金」はもらえるのでしょうか。

 生命保険の入院給付金は、基本的には入院していなければ支払われません。最近は通院だけでもOKという保険もありますが、基本的には入院して、その後に通院した場合というケースが多いです。ですから、入院した日数に対して“日額○○円”といった形で入院給付金が支給されます。

 ただ、新型コロナでは、軽症者は自宅や宿泊施設で療養するケースが多くなります。これは、もともとの規定では入院とはいえませんが、新型コロナに限っては自宅療養でもほとんどの保険会社が「みなし入院」として入院扱いし、入院給付金を支給しています。医師の指示があれば、検査結果が陰性でも支給されます。

 また、新型コロナで、お亡くなりになる方も出てきています。もちろん、死亡した場合は、保険料を支払わない猶予期間であっても通常の死亡保険金が支給されます。そればかりか、新型コロナによる肺炎で死亡した場合は、保険金が上乗せされるケースもあります。

 通常の生命保険では、災害や不慮の事故などで死亡した場合は、通常の保険金に「災害割増特約」が上乗せして支払われます。この災害割増特約には感染症も含まれるので、コロナ肺炎も対象となるのです。災害割増特約は死亡保険金と同額まで付加できるので、多くの人が同額で付けているはずです。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。