日立物流、完全漂流…佐川急便との経営統合が突然の破談、日立グループからも切り離し

 佐川急便を傘下にもつSGホールディングス(HD)と日立物流は9月24日、経営統合を見送ると発表した。SGHDは日立物流が保有する佐川急便の発行済み株式の20%分すべてを875億円で買い取る。日立物流はSGHDが持つ自社株を988億円を上限として市場で取得する。SGHDの持ち分は現在の29%から6%前後に低下する。日立物流はSGHDの持ち分法適用会社から外れる。トラックの共同利用といった業務提携は続ける。

 佐川急便は宅配便大手。日立物流は3PL(物流の一括請負)首位。2016年3月、資本・業務提携を決め、将来の経営統合を視野に入れていた。新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に物流が停滞するなど経営環境が一変したことを統合見送りの理由に挙げている。

 これで日本通運に次ぐ陸運業界第2位企業の誕生はなくなった。

日立物流の株価は下落、SGHDは上昇と明暗を分ける

 経営統合の見送りは明暗を分けた。発表翌日の9月25日の東京株式市場。日立物流株は一時、前日比220円(6.2%)安の3350円まで下落した。「日立物流がSGHDにTOB(株式公開買い付け)される」という期待感が失われ、失望売りが出た。

 一方、SGHD株は一時、前日比700円(14.7%)高の5470円まで上げた。その後も上昇を続け、10月20日に上場来最高値の5830円をつけた。3月13日に年初来安値(1977円)をつけており、7カ月あまりで2.9倍の水準に達した。株価上昇にはいくつかの要因が重なった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク