改憲叶って「粛清の国」に逆戻り?

「ウラジーミル、君と僕は同じ未来を見ている」

 3年ほど前の2019年9月5日、ウラジオストックでの日露首脳会談で、当時の安倍晋三首相がロシア(ロシア連邦)のウラジーミル・プーチン大統領に対し、発出した言葉だ。当時の報道では、ロシアとの北方領土返還交渉を含む、日露平和条約の妥結を念頭に置いた発言だと解説されていた。だが、実際は現在に至るまで、何の妥結にも解決にも至っていない。

 筆者はウラジーミル・プーチン(69歳)でもアベ・シンゾウ(67歳)でもないので、彼らが夢想していた「同じ未来」がどんな世界なのかは知らない。ただ、その「同じ未来」が平和条約の妥結や領土問題の解決ではなく、ともに自国の憲法改正だったとしたら――と夢想して、背筋に悪寒が走った。

 ウラジーミル君はその翌年の2020年7月、自らの権力をさらに強固なものにするロシア連邦憲法の改正を成し遂げていた。選挙の結果次第ではあるものの、最長で16年後の2036年まで彼が大統領の座にとどまることが可能になったのだという。満期まで勤め上げれば、ウラジーミル君は満83歳になっている。

 一方のシンゾウ君は、日本国憲法99条が定める憲法尊重擁護の義務をあからさまに果たさず、改憲の夢を公然と語りながらも改憲できず、体調不良を理由に首相の職を辞任。ウラジーミル君の改憲実現からほんの2カ月後の、2020年9月16日のことだった。