日除けシェードでサウナ状態?ベビーカーで熱中症が起きる原因と対策|気象予報士コラム

ウェザーマップ所属の気象予報士が、生活に役立つ気象情報をお届けします。今回は、子育てをしながら気象予報士資格を取得した池田沙耶香氏が、「ベビーカーで赤ちゃんの熱中症が起きやすい理由とその対策」について解説します。


もっとも身近に潜む気象災害・猛暑と熱中症

日除けシェードでサウナ状態?ベビーカーで熱中症が起きる原因と対策|気象予報士コラム

2018年は、埼玉県・熊谷で41.1℃まで気温が上がり、国内の最高気温記録が更新され、2019年も5月に北海道・佐呂間で39.5℃を観測し5月の最高気温記録を更新しました。

「年々、気温が高くなっている」と実感されている方も多いと思いますが、このような気温の上昇に伴い増加するのが、熱中症のリスクです。

厚生労働省の調査によると、2018年の6月から9月までに熱中症で亡くなった方は1,518名にものぼるそうです。

気象災害というと、台風や土砂災害などを思い浮かべますが、「災害級の暑さ」という言葉まで生まれた昨年のような暑さは、今やもっとも身近に潜む気象災害と言えるかもしれません。


乳幼児は要注意!熱中症リスクを高める3つの要因

さて、環境省によりますと

・気温が高い、湿度が高い、無風などの「環境」
・高齢者、乳幼児、睡眠不足などの「からだ」
・激しい運動、長時間にわたり水分補給をしないなどの「行動」

この3つの要因が重なることで身体に熱がこもり、熱中症にかかるリスクが高まることがわかっています。

日除けシェードでサウナ状態?ベビーカーで熱中症が起きる原因と対策|気象予報士コラム

特に乳幼児は、まだ体温調節機能が発達しておらず、汗をかく機能が未熟で外気温の影響を受けやすいため、身体に熱がこもりやすくなっています。


あわせて読みたい

ビジネスライフの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月16日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。