ペドロ・アルモドバル監督のミューズとして知られ、小悪魔的な魅力で世界を虜にしているペネロペ・クルス。キュートな水玉ドレスに身を包み、夫ハビエル・バルデムと一緒に、母国ゴヤ賞のレッドカーペットに登場した。



【写真】変わらぬ美貌 ペネロペ・クルス47歳、キュートな水玉ドレスに身を包み登場

 ゴヤ賞は、スペイン映画芸術科学アカデミーが主催する映画賞で、同国のアカデミー賞とも称される。今年で36回目を迎えた。

 ペネロペはこのビッグイベントに、色とりどりの水玉刺繍がロマンティックな、プリンセスラインのドレスをチョイス。淡いピンクがかわいらしいドレスはシャネルのもので、47歳になった今も若々しいペネロペにピッタリのデザイン。ヘアはハーフアップにまとめ、イヤリングとブレスレットで大人ラブリーを実現させた。

 一方ハビエルは、タキシードとシャツ、蝶ネクタイを黒でそろえたスタイリッシュなルック。
キュートなペネロペとのコントラストをパーフェクトに演出した。

 ペドロ・アルモドバル監督の『Parallel Mothers(原題)』で称賛を得ているペネロペは、『愛すべき夫妻の秘密』に出演のハビエルと共に、今年のオスカーに夫婦そろってノミネートされ、注目を集めめている。3月に開催予定のアカデミー賞でも、パーフェクトなルックを見せてくれるに違いない。