元ゆるめるモ!のメンバーで歌手のあのが、「Casa BRUTUS」2023年3月号の表紙に登場。草間彌生ルックに扮し、水玉の南瓜と共演した。



【写真】あのちゃん、水玉の南瓜とも共演

 マガジンハウスのライフスタイルマガジン「Casa BRUTUS(カーサ ブルータス)」2023年3月号(2月9日発売)は、日本が世界に誇る前衛芸術家・草間彌生の大特集。表紙では、今年1月にローンチされたルイ・ヴィトン×草間彌生の衣装をまとい、草間彌生ルックに扮したあのと水玉の南瓜との共演が実現した。

 2023年も何かと話題の前衛芸術家・草間彌生。1月にはルイ・ヴィトンとの約10年ぶりのコラボレーションがローンチし、東京をはじめとした世界中の都市で草間彌生のシグネチャー・モチーフが出現。香港のデザインミュージアム「M+」では大回顧展が開催中で、6月にはイギリス・マンチェスターでも大規模な展覧会が開催される。

 そんな前衛芸術家の現在を特集した本誌の「草間彌生、最新案内。」では、ルイ・ヴィトン×草間彌生の衣装をまとい、草間彌生ルックに扮したあのが、草間が幼少期を過ごした“永遠の故郷”で草間作品を多く所蔵する長野県・松本市美術館を訪ねた。
表紙は草間彌生のシグネチャー、水玉×南瓜の作品とともに撮影されたカットとなる。

 あのは草間に関して、「草間彌生さんの存在とドットは知ってはいましたけど、歴史上の人物ぐらい偉大なイメージで、実在している感じはあんましていませんでした」と明かした。草間ルックに挑戦した感想については、「草間さんになるのは結構なパワーがいるなって」と語った。

 あのが表紙を飾る「Casa BRUTUS」2023年3月号はマガジンハウスより2月9日発売。

 ※あののコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■あのコメント
草間彌生さんの存在とドットは知ってはいましたけど、歴史上の人物ぐらい偉大なイメージで、実在している感じはあんましていませんでした。
生で作品見るのは初めてで、ドットだらけですごかった。草間さんと同じ赤い髪にしましたが、こんなに赤い髪は初めてで似合う自信がなかったんですけど、違う自分が見れて新鮮だったし、これはこれでありかなと。でも赤髪に負けない顔でいなければならないから、赤髪ってむずいと思いました。草間さんになるのは結構なパワーがいるなって。