実写映画『バービー』のプロモーションで大忙しだったマーゴット・ロビー。ロンドンで行われたイベントに真っ赤なミニドレスで登場し、ピンクカーペットでポーズを取った。



【写真】マーゴット・ロビー、真っ赤な超ミニドレス姿(全身ショット)

 現地時間7月12日、英ロンドンのロンドン・アイにて、『バービー』のプロモーションイベントが開催された。同作のプロモーション中、バービーの世界観を映し出すピンクを基調としたファッションで「バービーコア」を体現してきたマーゴット。ここでは、トルコ出身でロンドンを拠点とするデザイナー、ディラーラ・フィンディコグルーによる真っ赤なミニドレスをチョイスした。

 ドレスに合わせ、ブロンドのヘアはラフなアップにまとめ、メゾン・アーネストのシューズとアサエルのジュエリーをコーデ。ミニ丈のドレスからは長い脚を大胆に露出し、バービーのようなパーフェクトなルックでカメラのフラッシュに応えた。

 マーゴットはこの後8月に、2016年の『スーサイド・スクワッド』以来、7年ぶりとなる来日が決定していたが、現地時間7月14日0時より全米俳優組合(SAG‐AFTRA)がストライキに入ったため、先行きが見えない状況となっている。


 なお、7月17日から日本ツアーを行う予定だった『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』のトム・クルーズは、ストを受け、来日中止が発表されている。

 映画『バービー』は、8月11日より劇場公開。