依子によるBL漫画『シュガードッグライフ』が、田中洸希(SUPER★DRAGON)と多和田任益のダブル主演で実写ドラマ化され、ABCテレビとテレビ朝日にて8月から放送されることが決まった。田中はドラマ初主演。



【写真】スパドラ・田中洸希、童顔で料理上手な大学生・桜庭唯純を演じる

 本作は、20歳の童顔&低身長大学生・桜庭唯純(さくらば・いすみ/田中)と、高身長のマジメ天然系な警察官・天沢恭丞(あまさわ・きょうすけ/多和田)の、ふとした誤補導から始まる10歳差の癒し系ラブストーリー。

 童顔で身長が低いことがコンプレックスな大学生・桜庭唯純は、未成年と間違えられ、警察官の天沢に補導されかける。学生証を見せることで事なきを得た唯純だったが、後日バイト先のコンビニで天沢とバッタリ再会。近くの交番に赴任してきたばかりの天沢はコンビニの常連客となり、唯純に会うたびにオススメの夜食を聞いてくるように…。

 なれなれしい態度に「うぜぇ野郎だ」と思いつつも、食生活を心配した唯純は思わず「飯、作りに行ってやろうか?」と口走ってしまい、手料理を振る舞うため天沢の家へと行くことになって―。

 身長差も年の差もある唯純と天沢が、おうちごはんを通して仲を深め、信頼を築いていく中で芽生える恋愛感情。
性格も境遇も違う二人のピュアな心の交流と、飯テロ連発のおうちごはんの数々も見どころだ。

 田中は「初めてのドラマ主演ということでとても緊張していますが、唯純の魅力を存分に伝えられるよう頑張りますので、放送まで楽しみに待って頂けると嬉しいです!」とコメント。本作では、ツンデレキャラで料理に挑戦する。

 包容力ある癒しキャラを演じる多和田は「まずは原作ファンの皆さんの描く天沢像を裏切らないように、そして初めて作品に接する皆さんに毎週楽しみにしていただけるように、大切に撮影に臨みます。そして唯純くんの作ってくれるご飯を一緒に楽しむ気持ちで観ていただけたら嬉しいです」とメッセージを寄せた。

 原作者の依子は実写ドラマ化を提案されたときの感想を「私の作品が?とただただ驚きましたし、初めての事で想像もつかないなぁと正直不安でした。
ですがシュガドをお好きだというプロデューサーさんのお言葉やお気持ちを受け取り、お任せしてみようと思いました」と語った。

 ドラマ『シュガードッグライフ』は、ABCテレビにて8月4日より毎週日曜23時55分、テレビ朝日にて8月3日より毎週土曜26時30分放送。

 キャスト、原作者のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■桜庭唯純役:田中洸希

――オファーを受けた時の感想は?

 地上波連続ドラマ作品に、主人公として出演させて頂くのは初めてなので、少し不安な所もあり緊張していますが、それと同時にとても嬉しかったです。原作の世界観に入り込みこの作品を通してたくさん経験していきたいと思っています。

――演じる“桜庭唯純”の魅力は?

 結構ツンデレな性格をしていて、そこが唯純の魅力なんだろうなと思いました。
なので、いろんなギャップを感じることのできる唯純を、演じていけたらと思います。そして料理はめちゃくちゃ頑張ります(笑)。

――最後に視聴者のみなさんへメッセージを!

 初めてのドラマ主演ということでとても緊張していますが、唯純の魅力を存分に伝えられるよう頑張りますので、放送まで楽しみに待って頂けると嬉しいです!

■天沢恭丞役:多和田任益

――オファーを受けた時の感想は?

 地上波連続ドラマに全話通してレギュラー出演をしたことがなく、しかもダブル主演なんて…僕でいいのかな?というのが最初の感想でした。でも出演舞台を観てオファーをくださったと聞いて、積み重ねてきたことが新たな挑戦に繋がったことが素直に嬉しかったです。

――演じる“天沢恭丞”の魅力は?

 人たらしだな、というのが第一の印象です(笑)。でもそれは物事を自分の目でまっすぐに捉える、揺るがない正義・誠実さがきっと彼の中にあるからなのかなと感じました。
だから自分の気持ちの赴くままに行動しても、周りから自然と愛される魅力的な人に映るんだろうなと思いました。なので僕も現場で天沢として唯純と実際に接して捉えた感情を大切に、最後まで丁寧に演じたいと思います。

――最後に視聴者のみなさんへメッセージを!

 まずは原作ファンの皆さんの描く天沢像を裏切らないように、そして初めて作品に接する皆さんに毎週楽しみにしていただけるように、大切に撮影に臨みます。そして唯純くんの作ってくれるご飯を一緒に楽しむ気持ちで観ていただけたら嬉しいです。

■原作者:依子

――実写ドラマ化を提案された時のご感想をお聞かせください。

 私の作品が?とただただ驚きましたし、初めての事で想像もつかないなぁと正直不安でした。
ですがシュガドをお好きだというプロデューサーさんのお言葉やお気持ちを受け取り、お任せしてみようと思いました。

――本作の見どころは?

 漫画の世界観を崩さずよりドラマチックになった脚本がとても素敵です。私自身、脚本が上がってくる度に楽しく拝見させていただきました。また魅力的なキャストさんも見どころです。田中さん、多和田さんをはじめ皆さんが表現してくださるシュガドの世界をどうぞお楽しみに。