NISA口座で勝つ確率を高める“NISA攻略法”を伝授! 初心者や忙しい人は「投信積み立て」がおすすめ!

NISA口座で勝つ確率を高める“NISA攻略法”を伝授! 初心者や忙しい人は「投信積み立て」がおすすめ!
拡大する(全1枚)

NISA(少額投資非課税制度)が導入されて3年。しかし、NISA口座の開設数は1000万口座を超えた程度で、まだまだ普及したとは言い難い。しかも、NISAは度々制度変更されており、直近でも新たな変更点が加えられる見通しだ。

現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号には、そんなNISAの現状と、今後の見通し、さらにNISAでおすすめの投資スタイルなどを紹介するコラムを掲載。今回はその内容を抜粋して紹介しよう!

 投資の利益が非課税になるNISA(少額投資非課税制度)。2014年にスタートして以来、NISAでの買付額は年々拡大しており、すでに利用している人も多いだろう。

 老後資金の形成が目的の確定拠出年金は60歳まで資産を引き出すことができないが、NISAでは、いつでも資金の引き出しができるというメリットがある。

 また、現役世代しか利用できない確定拠出年金と違って、60代以上も利用できる。平均寿命が高まっている今、リタイア後の資産運用にNISA口座を使わない手はない。

【※関連記事はこちら!】⇒NISA口座おすすめ比較!

NISAの導入期間は2023年までだが、恒久化の案も検討中

 NISA口座は、2016年から1年間の投資額の上限が100万円から120万円に拡大。非課税期間は最長5年間で、投資対象は上場株式、ETF、Jリート、投資信託だ。

 2016年4月からスタートした「ジュニアNISA」は、未成年の子どものために原則として親権者が代理で運用する口座で、利用対象者は0~19歳、年間の投資上限額は80万円となっている。


当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク