JT(日本たばこ産業)、連続増配は「16期」でストップも 配当利回りは6.59%を維持! 2020年12月期の配当は 「1株あたり154円」の予想で、前期比“横ばい”予想に!

 JT(日本たばこ産業)が、2020年12月期の配当が前期比で「横ばい」となる予想を、2020年2月6日の15時に発表した。これにより、JTの連続増配記録は"16期"でストップする見通しとなった。

 JTは2020年12月期の予想配当を、中間配当(6月)は「77円」、期末配当(12月)は「77円」、合計の年間配当額は「1株あたり154円」と発表した。JTの2019年12月期の配当も「1株あたり154円」だったので、前期と同額の「横ばい」予想ということになる。

 JTは株主還元方針として「1株当たり配当⾦の安定的/継続的な成⻑」を掲げ、2005年3月期から毎期「増配」を続けていた。しかし、2020年12月期の配当が予想通りの「横ばい」となれば、2005年から続いていた連続増配は“16期”でストップすることになる。
【※関連記事はこちら!】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 JTが同時に開示した「経営計画2020」によると、「当期利益には不確実性が残るものの、1株当たり配当⾦は安定性を重視し154円を予定」したとのこと。なお、JTの連結配当性向は年々増加傾向にあり、2019年12月期の連結配当性向は78.6%、2020年12月期の連結配当性向は89.6%(予想)と高い水準にあり、配当利回りも6.59%と高利回りになっている。

当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。