オリンパスのデジカメは序章、コロナ時代に事業売却が続出する理由

『週刊ダイヤモンド』7月18日号の第1特集は、「アフターコロナの業界総予測」です。新型コロナウイルスの問題を受け、あらゆる産業が視界不良に陥っています。急落した消費や需要がいつ回復するのか、明確に見通せない中、企業には生き残りをかけた厳しい経営判断が求められています。その中で続出する現象のひとつが事業売却。大ディール続出を見越して、投資ファンドはすでに活動を活発化させています。特集ではうごめくファンドの最新動向を交えつつ、コロナ時代の主要7業種の展望をレポートします。

オリンパスのカメラ、ペッパーフード…
大ディール続出にうずうずする人々

 さあ、ゲームを始めよう――業界に満ちる空気を一言で表せばこうだ。バイアウト=企業や事業の買収を手掛けるプライベート・エクイティ(PE)ファンドの業界である。コロナ時代に日本の産業界からノンコア(非中核)事業の売却が相次ぐとみて、「バイアウト村の住人たち」はうずうずしている。

 事業売却大時代の嚆矢(こうし)はすでに放たれている。オリンパスは6月24日、デジタルカメラを中心とする映像事業を国内ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)に売却すると発表した。年内の売却完了が目標で、オリンパスとJIPは現在、金額など売却条件を交渉中だ。

 7月3日には外食チェーン大手のペッパーフードサービスが低価格帯の洋食事業、ペッパーランチを国内ファンドのJ‐STARに売却すると発表した。8月末に85億円で売却し、その資金を中核事業の強化に投じる計画だ。


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。