SDGsの認知度は
ここ2年で急速に向上

 最近、何かと耳にするようになったSDGs。「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで採択された17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されている。

 現在では、日本でも企業や学校など全国の各自治体が取り組んでおり、SDGsの認知度はこの2年間で急速に向上している。

 ブランド総合研究所の『第3回地域版SDGs調査2021』によると、「あなたはSDGs(持続可能な開発目標)をご存知ですか」との問いに、2019年は70.7%が「知らない」と答えたが、21年調査では「知らない」は33.1%にまで減っている。

 田中章雄・ブランド総合研究所社長は、「各自治体のSDGsにおける発信力の向上、つまり、取り組みを分かりやすく伝えることで、ようやく認知度が浸透していったのではないだろうか」と指摘する。

 そこで今回は、各都道府県民が自分の都道府県のSDGsへの取り組みについてどう評価しているかの調査結果を、「SDGsへの取り組みの評価が高い都道府県ランキング」として紹介する。

SDGsへの積極的な取り組みが
県民に評価されている鳥取県が1位

 ランキング1位の鳥取県(51.9点)、2位石川県(50.5)の2県が50点を超えている。以下、千葉県(48.1点)、広島県(47.9点)と続く。