橘玲×藤沢数希 特別対談 「金融幻想の終わり」を語る!(2) 日本の金融ビジネスの現場

橘玲×藤沢数希 特別対談 「金融幻想の終わり」を語る!(2) 日本の金融ビジネスの現場
右:藤沢数希さんの最新刊『外資系金融の終わり』は6万部を超えるベストセラーに。左:橘玲さんは、『黄金の扉を開く賢者の海外投資術』で国に頼らない資産運用の方法を提示
       
『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』などで、個人の資産運用に革命的な示唆を与えプライベートバンクの実情にも詳しい、作家・橘玲氏と『外資系金融の終わり』がベストセラーになっている、藤沢数希氏との初めての対談が実現。金融業界の裏側をセキララに語り合った内容を4回にわたって掲載する。外資系金融の実情を語った第1回に続き、第2回は、日本の金融ビジネスについて。

[参考記事]

●「金融幻想の終わり」を語る!(1)それでも外資系金融は終わらない!?

--------------------------------------------------------

日本の金融機関はグローバル化できるのか?

橘玲(以下、橘) 日本の金融ビジネスはどうなるでしょう。

藤沢数希(以下、藤沢) 日本の銀行は縮こまっちゃってますね。預金を集めて、国債を買って、投資信託を売ったり、借りる必要のない企業にお金を貸すというビジネスに終始している。それでも他国の銀行が沈んできたので、時価総額とか資産規模とか収益性では、上位に来ちゃってますけど。

橘 日本の金融機関にグローバルビジネスは無理ですよね。

藤沢 リーマンブラザーズが潰れたときに、バークレイズと野村證券が買収したんです。バークレイズは同じカルチャーだからうまく吸収してビジネスを拡大させたけど、野村證券はまったくマネジメントができませんでした。野村證券はコテコテの日本企業で、社員は年収700万~800万円の年功序列。そこに、リーマンブラザーズの人たちが入ってきて、同じ仕事してる外人が年収5000万円とかもらうわけですから。しかも、転職されたら困るというので、元リーマンブラザーズ社員には金融危機前の2007年と同じ額の報酬を2年間保証したんです。すっ高値で掴みましたね。もう、ジャンピング・キャッチ(笑)


ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年2月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。