水素エンジン搭載カローラ、鈴鹿大会ではオーストラリア産の水素も使用。水素を「はこぶ」で挑戦

水素エンジン搭載カローラ、鈴鹿大会ではオーストラリア産の水素も使用。水素を「はこぶ」で挑戦
拡大する(全1枚)
■水素は運べるのがメリット

トヨタは9月18日、カーボンニュートラルなモビリティ社会実現に向け開発中の「水素エンジン」を搭載したカローラを、9月18日、19日に行われるスーパー耐久第5戦・鈴鹿大会に投入する。

第3戦の富士スピードウェイでは水素を「つかう」、そして第4戦のオートポリスでは「つくる」領域で選択肢を広げることに挑戦。今回の鈴鹿でのレースでは、「はこぶ」がテーマだ。

具体的には、川崎重工業、岩谷産業、電源開発(J-POWER)の3社が連携して運ぶオーストラリア産の褐炭由来の水素を水素エンジン搭載カローラで使用。加えて、バイオ燃料トラックやFC小型トラックにより、国内で水素を運ぶ際に発生するCO2低減に取り組む。車両については、アジャイルな開発でさらに改良を進めるとともに、開発現場には新たにコネクティッドシステムも導入、車両開発に活用するという。

今回の挑戦、水素を「はこぶ」でトヨタに協力する川崎重工業は、30年以上前にロケット燃料用水素貯蔵タンクを建造して以来、水素に関連する技術を磨いてきた。2016年には岩谷産業やJ-POWERなどと技術研究組合、HySTRAを設立、採掘量が多く安価に取得できるオーストラリアの褐炭から経済的に水素を作り、日本に運ぶ取り組みを計画している。

2021年度中には、川崎重工の水素関連技術と造船技術を組み合わせて建造した世界初の液化水素運搬船「すいそふろんてぃあ」でオーストラリアから日本に水素を運ぶ実証も行う。この実証は、「はこぶ」だけでなく水素を液体にして「ためる」チャレンジでもある。また、2020年代半ばには一度に1万トンの水素を運べる大型の液化水素運搬船の建造を予定。2030年には本格的な商用サプライヤーチェーンとして22万5000トンの水素を海外から運ぶ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク