新型ラパンか!? と思うほど顔が違う…新種「アルト ラパン LC」デビュー!
拡大する(全1枚)
■LC10型フロンテをオマージュしたLC
 
スズキの車種のなかで女性ユーザーの比率がもっとも高く約9割を占める軽乗用車、アルト ラパンが一部改良を行った。現行モデルは2015年6月の発売からちょうど7年。完熟のこの時期に、目玉機種として上級の新シリーズ「LC」が加わった。LCの価格は140万9100~164万6700円。

外観はフロントマスクを中心に変更。1967年発売の2代目フロンテをモチーフにデザインし、メッキフロントグリルガーニッシュやメッキヘッドライトガーニッシュが過去の名車に似た意匠となっており、新シリーズのチャームポイントである。

【画像】わかる人にはわかる顔!「アルト ラパン LC」

LCという車名は、2代目フロンテの車両型式/エンジン型式である「LC10」に由来。さらに、ライフスタイルが変わるような小さいクルマという意味を込めた「ライフチェンジング・コンパクト」という言葉にも由来している。

ちなみに、初代フロンテは車名の由来のとおりFFだったが、2代目のLC10型は、RR(リヤエンジン・リヤドライブ)に転身。特徴的なコークボトル状のデザインを持ち、軽自動車で初となる2サイクル3気筒360㏄のLC10型エンジン(25馬力)を搭載して高性能化を図った。後にスポーティでさらに高出力なSS(36馬力/初代アルトラパンのグレード名にも起用)やSSSも追加された。

アルト ラパンLCに話を戻そう。エクステリアでは上記のほかに、LC全車に車名エンブレム付きのメッキバックドアガーニッシュを装着。14インチアルミホイール(Xグレード)/ホイールキャップ(L)も懐かしさを感じさせるデザインだ。