bit

エンジンの総排気量はなぜ中途半端?

エンジンの総排気量はなぜ中途半端?
筆者の1.8Lモデルの車(上)と400ccバイク(下)の車検証の総排気量欄。数値は中途半端
原油高ということで、今月に入ってまたガソリンの値段が上がった。そんなこともあり、低燃費の軽自動車・コンパクトカーや原付が人気だとか。ガソリンをたくさん使う大きなエンジンの車は嫌われる時代になったようだ。
そういえば、車やバイクを買うときには、やはりエンジンの大きさ(排気量の大きさ)で悩む。燃費重視の低排気量のものにするか、パワー重視の大排気量のものにするか。

筆者もバイク選びのときにエンジンの排気量で悩んだ。低燃費で税金も安い250ccか、パワー重視だけど燃費で不利な400ccにするか……。
また個人的な話で恐縮だが、古くなった家族共用の車の買い換えも検討していて、1.5Lモデルにするか、2.0Lモデルにするか今まさに悩んでいるところだ。

上記の過程でバイクや車のカタログを見ていて、気づいたことがある。「400cc」とか「1.5L」とよばれているのに、スペック(諸元)の欄には「総排気量399cm3」「総排気量1.490L」などと書かれている。
気になって他にも調べてみると、「50cc」原付はほとんどが「49cm3」だし、「2.4Lエンジン搭載」の車も実際には「2.393L」となんとも中途半端な数字に。

このなぞを解明すべく、四輪車も二輪車も製造している、スズキ株式会社にお話を伺った。

「ご存じの通り、軽自動車は660ccを超えてはならず、小型車におきましても、1000cc、1500cc、2000ccで税制面の違いがございます」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年8月11日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース