bit

オリンピックの「補欠解除」、どんなルールなの?

オリンピックの「補欠解除」、どんなルールなの?
「オリンピック出場」に至るには、いろんな条件があるのです。
北京オリンピック・女子マラソンで、野口みずき選手が欠場となり、「補欠解除」の状態となっていた森本選手に、あらためて白羽の矢がたったものの、体調などの理由から「辞退」。結局、2人だけの出場となったのは記憶に新しい。
ここでちょっと素朴な疑問。

「補欠解除」って、いつまでにしなければいけないのだろうか。そもそも「解除」はしなければいけないのか。
素人考えでは、「万が一のときに備えるのが補欠なのだから、試合開始直前まで解除しなくても良いんじゃ?」なんて気もするのだけど……。財団法人日本陸上競技連盟に聞いてみた。

「オリンピックのルールとして、補欠選手の制度は全種目共通で決まっています。陸上の場合、代表として出場するには標準記録を超えているのが条件で、なかでもA記録とB記録の二つがあるんです」
たとえば、男子100メートルの場合、A記録が10秒21、B記録は10秒28と決まっていて、Aを突破した人が複数名いる場合、3名までが出場できる。また、Aは突破できないもののBは突破した人がいる場合、1名が出場できるのだという。
つまり、Aを突破した人が4人いた場合、全員登録できるものの、うち1名が「補欠登録」となる。この「登録期間」は大会毎に決められ、今回の場合は7月23日だったのだそうだ。

「これらは世界共通ですが、さらに、日本が選手を派遣する上でのローカルルールもあるんです」
これはJOCが決めていることだそうで、陸上の場合、選手団全体で「40名まで」という上限が決められているのだとか。人数の「上限」は、設ける国、設けない国が存在し、また、競技によっても違い、たとえば、水泳は上限がないのだと言う。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年8月28日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。