bit

ビタミンD、日光に当たらなくても大丈夫なの?

ビタミンD、日光に当たらなくても大丈夫なの?
日焼けした肌。ビタミンDがたくさん作られたはず(注.腕です)
「ビタミンDをつくるために、おひさまの下であそびましょう」
小学生の頃、学校からもらうプリントに、よくこんなことが書いてあった。紫外線が皮膚に当たるとビタミンDができる。ビタミンDは骨を作るために必要。だから子供は外で遊びなさい、って内容だ。

でも最近は違う。「なるべく日光に当たらないように」なんて広告もよく見るようになった。(独)国立健康・栄養研究所の石見先生によると、オゾン層の破壊が進み、紫外線が皮膚がんや白内障の発生に影響することが明らかになったからだという。

しかし、日光に当たらなくて、ビタミンDは足りるのか。ビタミンDは食品からも取れる。厚生労働省の資料によると、ビタミンDの1日の摂取目安量(成人)は5μg(マイクログラム)。これに対して日本人の平均摂取量が7.9μg。なんだ、普通に食事をしていれば足りるんだ。
「いいえ。骨粗しょう症予防の観点から、特に高齢者では1日に20~25μgのビタミンDが必要だと言われています」(石見先生)

体内のビタミンDの半分以上は日光から作られているという。普通に生活していれば、顔と手の甲を日に当てるだけで、1日の目安量が取れる。でも、日焼け止めを塗ってしまうとビタミンDは作られない。
「冬は特に厚化粧などは控えた方がよいでしょう」(同)
石見先生によると、近年赤ちゃんのビタミンD欠乏が増えているという。妊婦さんがビタミンD不足になりがちだからだそうだ。直射日光を嫌う若い女性が増えているが、やはり、ある程度は太陽に当たっておく必要がありそう。

あわせて読みたい

  • シリアルにカルシウムが入ってるという思い込み

    シリアルにカルシウムが入ってるという思い込み

  • コネタの記事をもっと見る 2008年9月2日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース