bit

音楽ジャンルってどうやって決めてるの?

音楽ジャンルってどうやって決めてるの?
タワーレコードのジャンル表示。タワーレコードでは“コーナーサイン”と呼ぶ。
CDショップでのジャンル分けはどのように行われているのだろう?

先日、ジェームス・ブラウンのCDが見つからず、CDショップを右往左往してしまった。目当ての作品は「R&B」欄にきちんと陳列されていたのだが、JBは「SOUL」か「FUNK」だと思っている私に、それを見つけることができなかったのである。

ということもあり、CDショップでのジャンル分けというのはどのように行われているのか気になった。レコード会社の指示なのだろうか? それともCDショップ本部で決められるのだろうか?

大手CDショップ、タワーレコード株式会社の広報室に話を聞いてみると、
「タワーレコードでは、音楽のジャンルを書籍・アクセサリーなどを含め、約17のジャンルに分けております。これはタワーレコード独自のものです。本社部門がレコードメーカーからの注文書と、店頭での展開やその時々の流行などを考慮した上で決定します。しかし、実際に店頭に置く際には、全国78店舗それぞれの裁量により異なる場合もあります。理由としては、店舗の規模や在庫枚数などによりジャンル分けも異なってきますし、また、その店舗にいらっしゃる客層に合わせて、もっとも探しやすい、伝わりやすいと思われる展開や設置を各店舗判断で決定しているためです」とのこと。

本社が基本的なジャンル決めをするが、最終的に決めるのは各店舗ということらしい。では、大手以外のCDショップではどうだろう?

あわせて読みたい

  • シングルCDの「instrumental」って必要?

    シングルCDの「instrumental」って必要?

  • コネタの記事をもっと見る 2008年11月8日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース