bit

映画本編にもサントラにも入らない“予告編テーマ曲”のナゾ

映画の予告編でしか流れない曲というものがある。映画の本編でその曲を聞けることはないし、もちろんサントラにも収録されない。

そんな曲を“予告編テーマ曲”と呼んでいる、勝手に。

先日も、予告編が印象的だった映画を見たのだが、予告で使われていた曲が本編で流れることはなかった。一体なぜ、予告編だけで流れる曲が存在するのだろう? 東宝東和株式会社宣伝部にお話を伺った。

「まず、予告編というのはオリジナル版と日本版というものが存在します。日本版は、オリジナル版のナレーションやタイトルなどを日本語に代えただけのものから、オリジナル版をまったく作り変えてしまうものまであります。予告編だけで流れる曲というのは、オリジナル版の予告に多いんです(シリーズ物以外では)。ですから、オリジナル版をあまりいじっていない日本版予告では、そういった曲もそのまま使ったりしています」

では、なぜオリジナル版の予告ではそういった曲が多いのだろう?

「予告というのは、映画上映に先行して劇場で宣伝していくものです。ですので、映画の完成前から、どのような予告編にするか製作の試行錯誤が行われます。その頃には、映画本編の音楽がまだ出来ていない(または決まっていない)ことがほとんどだと思われます」

聞くところによると、映画製作において音楽作業というのは、最後に行うことが多いそうだ。例えば、予告編製作の企画会議が大詰めを迎えている頃は、「オープニング曲すらできてねーっス!」という状況もあるのだろう。ちなみに、一度付けた曲が気に入らず、監督が作曲家を交代することもよくあるそう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク