昨年、何が残念だったかと言えば赤塚不二夫の死去だろう。タモリの有名な「私もあなたの作品です」という弔辞。心にグッと突き刺さりました。赤塚マンガの作風は、あらゆる人に影響を与えている。

そして、そんな赤塚不二夫に影響を与えた漫画家がいるのをご存知だろうか? その名は「杉浦茂」。特異な作風とユーモアセンスから、漫画家の赤塚不二夫、小説家の筒井康隆、音楽家の細野晴臣など、各界に熱烈なファンがいることで知られる、伝説の漫画家である。

杉浦茂は、現在の「サンデー」や「マガジン」が創刊される以前の約50年前に活躍していた人物なのだが、杉浦茂に関するとっても驚いたエピソードがあるのだ。
赤塚作品でも特に印象深いキャラクターなのが「レレレのおじさん」。この「レレレのおじさん」は、赤塚不二夫が杉浦作品をオマージュして作られたキャラクターと言われているという。どの作品の、どの登場人物というわけではないのだが、杉浦作品の造形や動きなどをマネ・引用して描いたのが「レレレのおじさん」らしいのだ。

それほどの影響力・伝説を持った杉浦作品が、このたび復刊される。絶版マンガ作品の復刊を手がけるコミックパークが、「杉浦茂オンデマンド選集」の販売を開始。3月20日より5月24日まで京都国際マンガミュージアムで開催される「冒険と奇想の漫画家 杉浦茂101年祭」とのコラボレート企画として刊行されるというのだ。

今回、サイトからの注文生産方式(オンデマンド出版)で復刊されるのは5作品。第一巻は『忍術合戦』という猿飛佐助が活躍する忍者マンガ。第二巻は『拳斗けん太』という格闘ものの作品。第三巻は『宮本武蔵』。第四巻は『弥次喜多珍道中』。第五巻『弾丸トミー』の5作品である。