bit

おばあちゃんちの急な階段は違法じゃないのか

       


よく建材メーカーにある階段の場合、高さが210 mm、奥行きが210 mmという寸法であり、上の式にあてはめると、630 mmになる。もう少しゆるやかな階段だと、高さが190 mm、奥行きが240 mmというのもある。この場合の計算式の値は、620 mm。

昔の日本家屋の場合、柱と柱の距離が一間、約1.8メートルであり、この間に階段を作ることが多かったため、急な階段にならざるをえなかった、というのが実情らしい。

ちなみに、建築基準法の適用範囲は、100平方メートル以上の建築物。これよりも小さい建築物であれば、建築士の資格を持っていなくても建物を設計できてしまう。もし、あなたのおばあちゃんちが100平方メートル以下だったら、注意が必要だ。
(珍満軒/studio woofoo)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年4月13日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。