bit

公園にあるアノ水飲み器の勢いが想像以上にすごいのはなぜか

公園にある、こけしのような形のアノ水飲み器。ツルリとした可愛らしい外見とは裏腹に、水の勢いはかなり凄い。遊び疲れて喉が乾き、思い切り蛇口をひねったら、すごい勢いで口の中に水が入ってきて、思わず顔を背けたところ、水が空高く舞い上がり、あたり一面に降り注ぐという、局所的スコール現象の被害にあった人も多いことだろう。なぜ、あんなにも勢いが強いのだろうか? 公園施設メーカーの方に聞いてみた。

「水の勢いは、わざと強くしているわけではなくて、構造上、そうなってしまっているのです。ゴムホースから水を出すとき、ゴムホースをつぶして出口を狭くしてやると水の勢いは強くなりますが、これと同じで、水飲みの蛇口は普通の蛇口と比べると非常に狭いので、あのようなすごい勢いになってしまうのです」

水飲みの蛇口の直径は約4ミリで、これは普通の蛇口の直径(13~14ミリ程度)の約1/3である。理論的には、蛇口の直径が1/3倍になると、水の勢い(水が蛇口から飛び出す速さ)は9倍になる。そして、水の勢いが9倍になると、水が達する高さは81倍になる(!)のだそう。実際には空気抵抗などにより高さは制限されるが、やはり水飲みの勢いはハンパねえみたいだ。

やはり、ずぶぬれになってしまった人から苦情がくることもあるのだろうか。これについては、「そういうこともあったみたいです。それが直接の理由になったかはわかりませんが、最近は蛇口の開きを調整して勢いを調整したものや、蛇口が自動で元に戻るタイプのものが増えてきているみたいです」とのこと。

またこれ以外にも、「垂直に水が出るタイプのものは、子どもが直接口をつけて飲んだりして、あまり衛生的でないという意見もあり、斜めに出るタイプや、ガードがついているものも増えてきています」というコメントもいただいた。昔ながらの形がなくなるのは少し残念だが、水飲みも日々進化しているということなのだろう。

ちなみに、水飲みの蛇口がツルリとした丸い形をしているのは、「汚れが流れ落ちやすくなっていて、蛇口を清潔に保ちやすいから」なのだそうだ。
(nadi/studio woofoo)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年5月12日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。