bit

なつかしの文房具・ロケット鉛筆のいま

ロケット鉛筆というのをご存じだろうか?

鉛筆サイズのプラスチックの円筒状のケースに、小さなプラスチックで支えられた鉛筆の芯が入っていて、鉛筆芯が丸くなってしまったら、その丸くなったパーツを引き抜き、ケースの後ろ側からそのパーツを入れることで、次の新しい尖った鉛筆の芯が出てくるという文房具だ。

元々は鉛筆削りのない時代に、ナイフで鉛筆を削らなくてもいいようにと作られたものなのだが、パーツが欠けると新しい芯が出なくなるという弱点があったりもした。

現在の30代、40代あたりの人は、ギミックのたくさんついたマグネットでしまる筆箱に、このロケット鉛筆やキン消し、香りつき消しゴムなんかを入れていた思い出のある人もいるだろう。

なつかしの文房具と書いたが、実はこのロケット鉛筆、今も売られており、女の子に人気のメゾピアノなど数社から可愛いデザインのロケット鉛筆が販売されている。

ロケット鉛筆にデザインされたかわいいキャラクターもさることながら、ハート型や星型のキャップや消しゴムがついているなど、芸が細かい。芯も黒だけでなく、カラー芯もあり、可愛らしい小悪魔系の柄の中に七色の芯が入っているというものもある。いったいこのロケット鉛筆はどれくらいの需要があるのかナルミヤ・メゾピアノの文房具を製造しているレインボーパークさんにお聞きしてみた。

Q. ロケット鉛筆の現在の売れ行きはどうですか?
「ロケット鉛筆は今までも女の子の定番文具として、買われていますよ。品切れを起こすと必ず問い合わせがくる商品です」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク