bit

雨の日の東京駅、濡れずにどこまで行ける?

雨の日の東京駅、濡れずにどこまで行ける?
この7駅は全て改札外地下通路でつながっている。「東京直結7駅」なんて呼び方はどうでしょう?
いよいよ、梅雨本番。雨の日にありがたいのは地下通路だ。都会には地下道が張り巡らされているが、例えば東京駅、改札を出てから雨に濡れずに、東西南北いったいどこまで行けるだろうか。各方位の端を目指して、ある日曜日に実際に歩いてみた。

地図を片手に、東京駅八重洲中央口からスタート。まずは北側から調査。歩いて行くと、東京駅だというのに何だか人が少ない。それもそのはず、このあたり(大手町)は完全なオフィス街なのだ。「日本ビル」の途中で通行止め。この先の各店舗が日曜定休で入れない。平日だったらもう少し先まで行けそう。

方向を西に変えて、大手町駅の方へ進む。地下鉄のめぼしい出口をひとつひとつ当たって行くと、どうやら大手町駅C2b出口が最も北まで行ける出口のようだ。この付近もオフィス街で、コンビニまで定休日で人通りまばらだが、さらに屋内を進んで日経ホールまで到達。どうやらここが北の端。東京駅中心から直線距離で約950m。

続いて南へ向かう。東京暮らし3年の筆者だが、東京駅が大手町駅、二重橋前駅、日比谷駅の全てと地下通路でつながっていることに初めて気づく。いや、知らなかった。徐々に人通りも多くなり、ズンズン進むと日比谷駅A14番出口に到着。都心のオアシス、日比谷公園が目の前。ここが西の端のようだ。東京駅中心から直線距離で約1250m。

さて、向きを東へ変える。ここで、日比谷駅が銀座駅とつながっていることに気づく。銀座はさすがに日曜日も大賑わい。銀座駅の奥にさらに連絡通路があり、東銀座駅までつながっていた。東銀座駅6番出口を出ると目の前に新橋演舞場が。どうやらここが南の端のよう。東京駅中心から直線距離で約1400m。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年6月21日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。