bit

177の天気予報って今、どのぐらい使われてる?

大イベントのたび雨に降られてきた経験から、少しでも雨の可能性があったら折りたたみ傘を持ちたい僕は、出掛ける前に必ず天気予報をチェックする。
情報源はインターネット。行き先の3時間ごとの予報や、行き先より西の天気などを見て、雨の可能性を探る。

ひと昔前までの情報源といえば、新聞やテレビだった。でも朝届く新聞の予報は情報がちょっと古いし、テレビの天気予報は見たいときにやってなかったりする。だから今すぐ予報を知りたいんなら「177」に電話するしかなかった。

そんな、ひと昔前までは天気予報を知る最終手段だった177。それが今は、さっきも書いた通り、ネットで天気がわかる時代になってる。
今も177って結構使われてるもんなんだろうか。

「利用者は減少していますね。理由としては、やはり携帯電話や地デジのデータ放送など、天気予報を得る手段が多様化していることが考えられます」(NTT東日本)

1955年1月1日、NTTのテレホンサービス第1号としてスタートした177(当時の番号は東京・大阪が222、名古屋が501など。それがのちに「天気になれなれ」の語呂から現在の177に統一)。利用回数は右肩上がりで増加し、1996年前後には全国で年間4億回以上(1日110万件以上!)に。でもその後、インターネットの普及や、固定電話の契約者が減ったことなどから利用回数は減少し、2001年には約1億5000万回にまで減った。
そして今回NTT東日本とNTT西日本に伺ったところ、今も減少は続いているそうで、大まかな回数として2007年度は全国で年間5500万~6000万回、2008年度は年間約5500万回程度の利用回数になっているという。12年間で7分の1以下になったってわけだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク