bit

コンパクトデジカメにストラップは必要か?

たかがストラップ、されどストラップ。
コンパクトデジカメにストラップを付けている人、いない人、さまざまだと思う。一眼レフと違って、ポケットに入るサイズなので、ストラップは必要ないような気も……。
そこで、今回はストラップの必要性の是非を考えてみる。

コンパクトデジカメはどんどん薄型化が進み、ワイシャツのポケットに入るようになった。ゆえに、持ち歩きのとき、カメラをストラップで首に下げることはないわけだ。あえて首に下げると、歩くたびにカメラがブラブラするのが気になるし、ちょっと格好悪いようにも思える。

また、実用性の点でストラップが邪魔になることも。ある日、撮影しようとしたとき、ストラップが携帯電話や文庫本などに絡まってしまい、カバンの中からカメラをうまく取り出せず、シャッターチャンスを逃してしまった苦い経験がある。

以来、コンパクトデジカメにストラップを付けるのはやめた。だが、それが裏目に出た。撮影画像を確認していたら、階段を踏み外し転落。足を捻挫したうえ、カメラもレンズ部を強打した影響で、ズームの調子が悪くなった。

そんな経験をカメラメーカーのオリンパスイメージングに話したところ、
「撮影のとき、ストラップを手首に巻きつけたらどうですか」とアドバイスされた。常に手に持っている撮影スタイルのとき、この使い方は有効である。カメラを落とす危険が少なくなるから。

さらに、ストラップの使い方として、
「ストラップを首にかけた状態でカメラを被写体に向けて引っ張りながら撮影すると、手ブレが軽減しますよ」とも。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク