bit

箸で混ぜると美味、大韓航空の人気メニュー

箸で混ぜると美味、大韓航空の人気メニュー
ファーストクラスで提供されているビビンバ。
最近は機内食も個性豊か。各社、工夫を凝らしたメニューを用意している。外国の航空会社のメニューにはお国柄が表れることも珍しくなく、機内にいながら旅気分を味わえるのが嬉しい。

ご当地グルメが楽しめる機内食には、たとえばエバー航空の小籠包やエアインディアの本格カレーなどさまざまなメニューがあるが、大韓航空の「ビビンバ」もそのひとつ。1990年に提供が始まった約20年の歴史あるメニューで、1998年には国際機内食協会から機内食界のオスカーともいわれる“マーキュリー大賞”を受賞している。

韓国の仁川空港からの出発便だけでも1日に4,000食を搭載しており、乗客の約6割がチョイスするというこのビビンバ。先日、「JATA世界旅行博2009」の会場でおこなわれたビビンバ試食会でも、用意していた300名分があっというまに完食となり、その注目と人気のほどがうかがえた。

試食会には、ソウル本社機内食事業本部からシェフも来日し、ビビンバの混ぜ方を実演。機内では、ビビンバの具・ライス・ごま油・コチュジャン(唐辛子味噌)が別々に供され、各自で混ぜて食べるスタイル。それゆえ混ぜ方が大きなポイントになるわけだが、シェフいわく、
「ご飯粒をつぶしてしまわないよう、スプーンより箸で混ぜたほうがいいですよ」
とのこと。具にはキュウリやモヤシ、ひき肉などが使っているが、季節や路線、搭乗クラスによっても具材を変え、就航地の食材も積極的に取り入れているという。

あわせて読みたい

  • 新感覚 餅に包んで食べる焼肉

    新感覚 餅に包んで食べる焼肉

  • 意外に多い!? 海外旅行のNGグルメ土産

    意外に多い!? 海外旅行のNGグルメ土産

  • いますぐ飛行機に乗りたくなる本って、どんな本?

    いますぐ飛行機に乗りたくなる本って、どんな本?

  • コネタの記事をもっと見る 2009年9月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース