「たたんでくれてありがとう」

こんな言葉が目に飛び込んできた。カゴメのジュース『野菜生活』(200ml)を飲み終わり、パッケージをたたんだときのことだ。

写真にあるように、このメッセージはパッケージをたたんでみないと出てこない場所に書いてある。たたんだ人だけに贈られる言葉。なんてステキなんだろう! なんだか嬉しくて、ほっこりした優しい気持ちになった。

そこで、さっそくカゴメ株式会社の広報部に問い合わせてみた。この企画をした、現・商品企画部長の高野仁さんをはじめ、社員の布川浩一さん、大谷紗貴子さんに取材することに。

まず、このメッセージを入れた経緯をうかがってみると、入れはじめたのは2008年9月頃。実は、その半年前に商品をリニューアルした際、最初は言葉ではなく、イラストを入れていたんだそう。

「『野菜生活』というブランド性を考えたときに、なにかちょっとした楽しみを提供したいと思い、たたんだときに、例えば、原材料のニンジンやカボチャなどのイラストが出てきたらいいのでは、と。そこで、各商品に9種類のイラストを入れたのがきっかけなんです」と、布川さん。

しかし、その後イラストからメッセージに変えたのには、ちょっとした裏話が。こういったパッケージデザインでは、表示に間違いがないよう、関連部門の複数の社員が表示をチェックする、専門用語でいう「読み合わせ」というタイミングがあるそうなのだ。そして、9種類もデザインがあると、9回分の読み合わせをやらなくてはならない。その非効率さに、当時、読み合わせのメンバーだった大谷さんが気づき、高野さんに相談。そこから今のメッセージへと発展していったそう。