bit

プリンタのインク数にはどんな意味が?

       
インクジェットプリンタを使っていて、ときどき疑問に思うのが、インクの数。4色もあれば倍の8色対応プリンタもあり、その数や種類に一体どんな意味があるのか。この素朴な質問をプリンタメーカーのエプソンさんに聞いてみた。

まず、インク数の意味の前に、そもそもインク数はどこまで増やせるものなのか。
「理論的にも物理的にもインクの色数を増やすことは無限に可能です。しかし、増やすほどプリンタの本体サイズも大きくなるうえ、インク交換の頻度が増えるなどのメンテナンス負荷もかかってしまいます」

では、普及モデルは4~6色、プロ、写真愛好家向け用は8色にしている意味は。
「カラー印刷は通常シアン(青)、マゼンタ(赤)、イエロー(黄)、ブラックの4色で表現しますが、『EP-802A』などの6色モデルのプリンタは、ライトシアン、ライトマゼンタを加えることにより、一般的に撮影される被写体で多い人物(肌色)や風景の中間色のグラデーションをより自然に表現できるようになります」

つまり、カラー印刷のためには最低4色あればいいのだが、さらに色数を増やすことで表現力が豊かになるということ?
「表現力はインクの色数だけで決まるわけではありません。当社では各インクをマルチサイズドッドテクノロジーにより、データに応じて多数のドットサイズ(インク粒の大きさ)に打ち分けができます。これにより、6色モデルでは6色を最大限活用した高階調性を、4色モデルでも6色に引けを取らない表現力を実現しています」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。