bit

狭いお風呂にはどんな姿勢で入りますか

島国ニッポンには、どうしても足を伸ばしては入ることのできない庶民的なお風呂がたくさんある。

筆者の家も例外に漏れず、人ひとりはいるとギュウギュウになるくらいの湯船なのだが、この狭い湯船でどのような姿勢をとると、空間を有効活用できるのか、ということを日々模索している。

ことあるごとに、この「狭い風呂での姿勢」について色々な人に尋ね回っているのだが、これまでに得られた知見を今日は紹介したい。

まず、もっともメジャーなのは、体育座り。「無意識に入っていると体育座りになっていることが多い」という意見も多く、狭い空間を活用する上でもっとも自然な姿勢なのかもしれない。中には「なぜか足に手を回して組んでしまう」という律儀な人も……。しかしながら体育座りの場合、「足を前後に動かせないので拘束感がある」「体育の授業中のような気分になり、何となくくつろげない」といったデメリットもあるようだ。

次に多かったのが、あぐら。「体育座りよりも足が自由に動くので楽」という意見が多く、体育座りと人気を2分する姿勢のようだ。あぐらは男性に多そうな印象もうけるが、「体育座りより楽」との理由で、女性にも指示されているスタイルでもあるようだ。
ただ、「湯船の横幅が狭いとちゃんとあぐらをかけない」という意見もあり、足が長い人にはデメリットが大きそうだ。また「座禅しているようで緊張する」という意見もあった。お風呂の姿勢を考える上では、精神的なリラックス感も重要のようである。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク