最近の暑さで、おむつをしている赤ちゃんはかなり暑い思いをしていることだろうと思う。
ハイハイやよちよち歩きをしだしたら運動量も増えるので、暑さも倍増するのではないだろうか?
そうなると、シャツやらズボンなんていうのも邪魔なものになってくるようで、こちら米国ではこの季節、オムツだけの赤ちゃんを見かけるようになる。

男の子が圧倒的に多いが、上半身はだかで靴下や靴もはかず、紙おむつだけの赤ちゃんを抱えているお母さん。「暑いんだから仕方ないわよね〜」と目が語っていて、こちらも素直に納得してニッコリしてしまう。

布おむつには漏れ防止やサイドを止めるためカバーが必要だと思うが、オムツがしっかりカバーされているためか、上半身はだかでおむつのままの赤ちゃんでもそれほど違和感はない。
赤ちゃんなのでオムツは当たり前と言えばそれまでだが、「いくら紙オムツをつけていようが、男の子だろうが女の子だろうが、オーバーパンツなるものを履かせるのがマナー」と言い切っている日本の友人もいる。

そんなオーバーパンツなるものを今まで見たことがないアメリカで「期間限定、夏のみ!」でジーンズ紙オムツが発売された。
紙おむつが、なんとデニム仕様になっているのだ(デニムプリントと言うべきか)。

「やはりオムツ丸見えじゃ~ね~」と思ったのだろうか?
全米で一番を争う紙オムツ「ハギーズ」(キンバリークラーク社)からの新作で、ズボンなんか履かずに暑い夏をエンジョイできるクールな赤ちゃん用。