bit

「黒ひげ」のルールがいつの間にか逆になった理由

「黒ひげ」のルールがいつの間にか逆になった理由
「飛び出したら勝ち」がルールだった、初代「黒ひげ」。
1975年に登場し、今年で35周年となるロングセラー商品「黒ひげ危機一発」。誰もが一度は遊んだことのある定番人気ゲームだろう。

だが、ふと疑問に思うのは、そもそもの遊び方が変わったのではないかということだ。
今はパッケージなどにも「飛び出したら負け」と書いてあるが、確か昔は「飛び出したら当たり」だった気がする。

というのも、もともとこのゲーム、タルの中で縛られたままの黒ひげを、子分が剣で縄を切って救出=飛び出させるのが目的であったはず。ルールがいつの間にか変わったの? だとしたら、なぜ? タカラトミーに聞いた。

「確かに『黒ひげ危機一発ゲーム』は1975年に発売されたときは、タルの中で縛られたままの黒ひげの縄を切って救出するというゲームで、パッケージにも『飛び出させた人が勝ち』と書かれていました」
と言うのは、カード・トイゲーム事業本部の名和香織さん。
やっぱりそうだったか! だが、4年後の1979年のパッケージでは「飛び出したら勝ちまたは負け(遊ぶ前にどちらにするか決めてから遊んでください)」と変わったという。つまり、自分でルールを選ぶという方法だ。理由は?
「ずいぶん昔のことなので、諸説あるのですが、当時の某人気テレビ番組で使用されていた際、『出ると負け』として使われたことが理由のひとつだと思われます。当時は今よりもみんながテレビを観ていて、メディアの影響力が非常に大きなものでした。『黒ひげ』自体の人気も番組によって火がついたところがあるんですよ」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年7月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。