bit

日本酒もハイボールの時代です

夏にはきりりと冷やした日本酒が美味しいと思う。しかしここ何年も、日本酒の売り上げが激減しているそうだ。
その理由は「アルコール度数が高すぎて飲みにくい」「値段が高い」「匂いがきつすぎる」……などなど。

日本酒の生き残りをかけて、各社が必死に取り組んでいるのは、日本酒初心者の取りこみ。
そんな中、日本酒に慣れない人にもおすすめできる“日本酒ハイボール”が発売されたという。

発売元は京都伏見の日本酒メーカー、黄桜さん。
日本酒ハイボールという名前の通り、この商品は日本酒をあっさりとしたソーダで割った一品だ。

誕生のきっかけは、日本酒のソーダ割りを黄桜さんの直営店で出したこと。
これがなかなか話題になった。このお酒なら日本酒に馴染みの無い、いわゆるライトユーザーにも日本酒の魅力を伝えられるのではないか? と、日本酒ハイボールは登場した。
度数は8%ほど。一般的な日本酒のアルコールは14度~17度なので、度数もぐっと控えめだ。

日本酒が飲めない、普段はチューハイ・ビールのみという人でも気軽に日本酒を楽しめそう。
しかし馴染みの無い人に日本酒の魅力を知ってもらうためにも、適当なお酒ではダメ。そんなわけでハイボールに使われている日本酒は、黄桜さんがこのお酒のために開発したものだそう。

こだわったのは、低い度数&炭酸入りでも日本酒らしい香りや味わいを失わないこと。初心者はもちろんのこと、日本酒が好きな人でも納得の仕上がりとなった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク