bit

日本の打ち揚げ花火はなぜ丸い?

日本の打ち揚げ花火はなぜ丸い?
日本の夏の夜空を彩ります。
日本の打ち揚げ花火は丸い。打ち揚げる玉も、開いた花も丸い。
でも、日本よりも先に打ち揚げ花火が発達した欧米では、円筒形の花火を打ち揚げ、空では柳が垂れるよう一方向に開くのが一般的。
今でこそ、欧米でも日本の丸い花火は増えているけど、世界で打ち揚げ花火といえばもともと丸くはなかった。

じゃあ、一体どうして日本の打ち揚げ花火は、丸くなったんだろう? 日本煙火協会に話を伺った。
「日本の場合はですね、花火という名の通り、菊とか牡丹のような“花”に見せるという発想から来ているんですね。花は円形ですよね。まんまるい花を咲かせるという、美的な完成形が、球形だったんですね。日本の花火は、そうした強いこだわりとともに、丸いものとして発達してきたんです」

欧米の花火は、何か催しがあるときのアトラクションのひとつとして、打ち揚げられてきた。例えば遊園地では、遊びに来たついでに見る花火大会、のような位置づけだった。
一方で日本の花火は、花火大会という独立したものとして発達してきた。花火そのものを見せるため、花火大会が開かれてきた。だから、一発ずつの美しさを見せることが重視され、丸くすることで美しさが表現された。

さらに、日本には花火を丸くできるだけの土壌があった。
日本各地に、だるまなどの人形を張子(型に紙を何枚も張り重ねて、乾いてから中の型を抜き取って作ったもの)で作る民芸が古くからあって、それが和紙で球形の玉皮を作る技術に活きた。それに日本人には、特有の凝り性や手先の器用さがある。一発ずつ打ち揚げることを美しいとする、侘び寂びの文化もあった。

あわせて読みたい

  • 花火「スターマイン」は、もともと「菊畑」だった

    花火「スターマイン」は、もともと「菊畑」だった

  • 手持ち花火セット、なぜテープでくっついてる?

    手持ち花火セット、なぜテープでくっついてる?

  • 花火の号数はどれくらいが普通?

    花火の号数はどれくらいが普通?

  • コネタの記事をもっと見る 2010年8月7日のコネタ記事
    「日本の打ち揚げ花火はなぜ丸い?」の みんなの反応 1
    • like 通報

      複雑な時差式はすごいと思うニャ!

      4
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら