bit

「セミの一生」に関する思い込みについて

「セミの一生」に関する思い込みについて
秋なのに、まだ出てくるセミも……?
「セミはあまり移動しないのか」記事に引き続き、セミに関する疑問。
それは、「セミは他の種類のセミと交尾しないのか」というものだ。

「土の中に7年間暮らし、地上で1週間しか生きられない」などとよく言われることから考えると、たった1週間にそもそも別の種類のセミと出合えるチャンスがどれだけあるのかよくわからない。
だが、同じ公園内で2~3種類のセミが同時に鳴いていたりするのだから、「別の種類同士で交わったりしないのか」「別の種類同士の間で新種のセミが生まれたりしないのか」「セミにとって、別の種類のセミはどういう風に見えているのか」という疑問も生じてくる。
前回の記事でもご回答いただいた、大阪市立自然史博物館の学芸員・初宿成彦さんに聞いた。

「別の種類のセミ同士も交尾しますよ。アブラゼミとミンミンゼミがよく交尾してます」
!? そういうものなのですか! では、その違った種類のセミ同士の子どもは……?
「違った種類のセミは、イヌとネコの違いまではいかなくとも、まったく別ですからね。近い種類同士ならありうるかもしれませんが、まず卵が育ちません。受精すらできないのではないかと思いますよ」
それでも別の種類同士で交尾する理由って?
「それはもう、なんかのはずみでしちゃうんじゃないでしょうか。オス同士ですることもありますからね」
なるほど……。

ところで、「7年間土の中で暮らし、地上で1週間」なんて言われるセミの一生も、これだけ暑いと、間違って早く出てきてしまったり、サイクルが変わったりしないのでしょうか。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年9月9日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース