review

ゲイダイ発の映画がキテる! 三連休は、横浜・東京藝大が熱い!

ゲイダイ発の映画がキテる! 三連休は、横浜・東京藝大が熱い!
「堂々たる世界映画の一本が突如誕生してしまった」と黒沢清が絶賛する「ZERO NOIR」<br />出演=川口覚、小深山菜美、三村恭代、小川尊、宮下ともみ、瀬戸夏実、吉岡睦雄/監督・脚本=伊藤丈紘/製作=趙民映、山田彩友美/撮影=下川龍一/撮影助手=手嶋悠貴/録音=渡辺一輝/美術=高井良崇/美術助手=飯森則裕/装飾=佐々木麗子/編集=石井沙貴/製作進行=眞田康平/助監督=廣原暁/音楽=池田雄一/原作=太宰治『人間失格』
題名は「ZERO NOIR(ゼロ・ノワール)」。原作は太宰治の「人間失格」だ。生田斗真主演のアレではない。舞台を現代に置き換え、「女と心中して生き残った男」と彼を取り巻く人々を描いた群像劇だ。秘密を抱えた男女が互いの傷口をかきむしるように言葉をぶつけあう、苛烈な会話劇でもある。

実はこれ、学生の作った映画なのだ。監督は東京藝術大学大学院・映像研究科に通う伊藤丈紘(26)。今年度の課題作品として作られた104分の長編映画である。

東京藝大の大学院に映画を製作する学科が設置されたのは2005年のこと。北野武や黒沢清を教員に迎えたことで話題を呼んだ。それから6年、同科は個性的な若手監督を次々に輩出している。芥川賞作家・玄侑宗久の原作を映画化した「アブラクサスの祭」(スネオヘアー主演/今秋公開)の加藤直輝や、「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」(入間人間原作)が待機中の瀬田なつきなど、いずれも20~30代の若い監督たちだ。

彼らの多くは、学生時代からコアな映画ファンの注目を浴びてきた。作品は国内外の映画祭で紹介されたほか、一部は映画館でも公開された。僕は昨年、渋谷のミニシアターで卒業制作「イエローキッド」(真利子哲也監督)を見たのだが、1度目はなんと満員御礼で入場できず、2回目は上映30分前に到着したのに立ち見だった。アイドルやスター俳優が出ているわけでもない。藝大の映画ってすごい人気なのだ。なぜ?...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2010年9月17日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース