review

基板大好き! レトロゲーマーの夢の国、高井商会がパックマン展にやってきた

基板大好き! レトロゲーマーの夢の国、高井商会がパックマン展にやってきた
アーケードゲームについて熱く語る高井商会・高井一美社長。
常時2000タイトル以上のアーケードゲーム基板が動作し、1ヶ月1万円でレンタル可能な業者がある。世界初のアーケードゲーム機「コンピュータスペース」も、筐体が4色そろいぶみで貸し出し可能。コンセントに繋ぐだけで、あの歴史的な名機が遊べる。な、なんだってー!

このレトロゲーマー垂涎の「夢の国」が、長野県にある高井商会です。その社長である高井一美さんを迎えたトークイベント「高井商会・高井社長のアーケードゲーム商売繁盛記」が、東京・神田の3311アーツ千代田で開催された「PAC-MAN展ー80's to 10's ゲーム&カルチャー」で10日、行われました。

壇上では展覧会の企画監修を務めた立命館大学のサイトウ・アキヒロ教授と、自らOBS(おにたま放送局)を主催し、オールドゲームを紹介する映像コンテンツ「基板大好き」などを配信するツェナワークスのおにたまさん、そして高井社長が登壇。40年にもわたる経歴を振り返りながら、初期アーケードゲームの魅力が語られました。

高井商会が大阪市南区でスタートしたのは1970年で、高井社長が若干21歳の時。駄菓子屋などにエレメカをレンタルする卸業でした。最初に手がけたのはウルトラマンのイラストが描かれた、子ども向けのパチンコ「ウルトラボウル」。大阪万博に日本中が沸いた年で、まだテレビゲームは影も形もなかった頃です。

もともと機械いじりが好きだった高井青年、続いて扱い始めた、アメリカ製のピンボールにすっかり魅せられてしまいます。デザインやゲーム性もさることながら、メカの構造に惚れ込んだとか。ユニット化が進んでおり、故障しても安価に修理できる点が国産との最大の違いだったそうです。昔からメカフェチだったんですね。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. イベント 大阪
  2. イベント 東京
  3. イベント 横浜
レビューの記事をもっと見る 2010年10月13日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「イベント + 横浜」のおすすめ記事

「イベント + 横浜」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 神奈川」のおすすめ記事

「イベント + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 大阪」のおすすめ記事

「イベント + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら