review

ヴィジュアル系バンドボーカルVS.「テニスの王子様」! 舞台「コーサ・ノストラの掟」

ヴィジュアル系バンドボーカルVS.「テニスの王子様」! 舞台「コーサ・ノストラの掟」
HAKUEI(左)、平沼紀久(右)の2人に、漫画家の古屋兎丸も加えたユニット「漫画兄弟」では『納豆侍まめ太郎』という“食育絵本”も手がけている
現在、新宿・シアターモリエールで行われている舞台「コーサ・ノストラの掟」。人気アニメの声優低音豊かな声を通せば、注目される劇団の中心人物が見栄を切る。ほかにも朝の連ドラのヒロインや「ウルトラマン」など、生粋の役者たちが舞台に上るなか、一人異彩を放つ男がいる。ヴィジュアル系ロックバンドPENICILLINのボーカリスト、HAKUEI(ハクエイ)だ。

今回は「HYSTERIC・D・BAND」という脚本家・渡辺啓と俳優・平沼紀久のコラボユニットの旗揚げ公演でもあり、客演の役者もそうそうたる実力派ぞろい。「テニスの王子様」で乾貞治役などの声優もこなす津田健次郎や阿佐ヶ谷スパイダースの伊達暁、さらにはNHK連続テレビ小説「やんちゃくれ」で主人公を演じた小西美帆や「ウルトラマンネクサス」の主演、川久保拓司なども起用した。

じつは平沼とHAKUEIは「漫画兄弟」というユニットで「納豆侍 まめ太郎」という絵本を出版した仲でもあるが、HAKUEIにとって芝居、それも舞台となると1998年のロックオペラ「ハムレット」以来。シアターモリエールのサイズとなると、普段のライブよりも遥かに近い距離で、生の姿を見られるのだからファンとしては、よだれダラダラ状態に違いない。

舞台になるのはコーサ・ノストラという名のマフィア組織。「10の掟」によるかたい結束のもと街に長く君臨してきた。だがある日、トップのカポが死んだことでファミリーひとりひとりの愛、野心、絆、名誉についての解釈の違いが浮き彫りに。絡み合う思惑と、謎を解くたびに生まれる新たな謎。舞台は疾走感と“タメ”を往復しながら進行する。そして複雑に張り巡らされた伏線を回収しきったとき、舞台上の緊張感は一気にほどけ、エンディングへと一気になだれ込む……。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。